同じ勉強をしているのに、なぜ成績が違うのか?

同じ学校で、同じ授業を受けて、同じように部活をし、同じように勉強しているのに、

なぜか成績がちがう?

 

確かに、「頭がいい」とか「遺伝だ」といった努力ではどうしようもならないこともあるかもしれません。否定はしません。ただ、公立中学校の勉強においてはそんに大きな要因ではないように思います。

 

では、何がちがうのか?

 

それは、「同じ」が「同じ」でないということです

 

同じ学校・・・忘れ物をせず時間的に余裕のある行動ができていますか?先生にあいさつできていますか

同じ授業・・・集中して聞けていますかノートは綺麗に書けていますか?先生の指示や連絡をしっかりメモに書いていますか?いろんな期限は守れていますか

同じ部活・・・練習が終わったらすぐ帰っていますか?疲れをとるために部活のない時は遊びに行かず、しっかり休息をとっていますか?部活をいろんなことをしなくていい理由にしていませんか?

 

成績のいい子は、これらが無理なく出来ています。

成績が伸びにくい子は、これらの多くが、或いは一部が出来ず勉強以前の段階で足踏みをしているのです

学校で出来ないことは、塾でも出来ません

宿題は指示通り出来ているか?持ち物はそろっているか?ノートは丁寧に指示通り書けているか?プリントはしっかり張れているか?遅刻せずに来れているか?など、塾での勉強を意味あるものにするために、エストでは勉強前の勉強への姿勢や準備も指導するようにしています。

これら一つ一つをちゃんと出来るようにしていけば、勉強がしやすくなり、成績も上がりやす状態になっていきます。

事実、テスト期間中の持ち物が完璧で、テスト勉強を指導にそって丁寧に取り組めた中2の生徒は今回の中間テストで成績を大きく上げています。そして、期末テストの範囲や出る内容を授業での先生の話から聞きもらさず聞いてきて、すでにテスト勉強に入っています。私もその情報をもとに対策プリントの作成に入っています。

 

精神的にまだ幼いところが残る中学生にとっては、難しかったり、言われると嫌な気になることかもしれません。しかし、早い段階で出来るようになれば、それだけ成績を伸ばせる可能性も大きくなりいろいろな方法で勉強させていくことも出来るようになります。

 

今月末は1学期期末考査があります。

テスト勉強は準備が一番です。まずはしっかりした準備(ワーク類を前もっとやっておく。テスト範囲のワーク、プリント類、解答集を整理しておく。出る問題、単元の情報を集める。)から始めていきます。効率よくテスト勉強が出来るようにし、成績に繋げています

保護者の皆様、ご理解・ご協力の程宜しくお願い致します。