「兵庫県公立高校入試分析会」に東洋大姫路へ行ってきました。

兵庫県公立高校入試分析会の内容はもう少し読み込んでアップさせていただきますが、久しぶりに行った東洋大姫路にびっくり。

姫路西の校舎もいいですが、

こちら東洋大姫路の校舎も解放感があり、学生の皆さんも気持ちよく勉強出来そうで素敵でした。

 

分析会の最後に東洋大姫路の校長先生から学校の様子や取り組みを少し説明して頂きましたが、

進学実績もじわじわ上がってきているみたいで、附属の中学校から内部進学組が大学受験する頃には、市姫飾西同等かそれ以上の合格実績が出せるように頑張っておられるみたいです。

 

公立志向が強い地域ですが、大学進学を考えたときに手厚い学習指導や進学指導が受けられたり、施設の充実や多彩で楽しい学校行事を考えると、私立高校も魅力的な面が多いような気がします。

私立高校を公立高校が不合格になったときの”滑り止め”と考えるのはもう時代錯誤かもしれません。大学受験を考えると、私立高校の特進クラスも一つの選択肢として十分になりえると思いました。

 

この夏、公立高校も私立高校も「オープンスクール」が行われます。

受験はお子様が主役ですが、しかしご家族の応援なしでは合格は勝ち取れません。志望校合格へご家族が一丸となって頑張られるためにも、是非、志望校をご家族で訪ねてください。盛り上がること必至です。

 

エストは、生徒の目指す第一志望校合格を応援していくことには変わりありません。

この夏も生徒と頑張ります!