2020年度 小学英語開始。

なぜエストは小学生に英語の授業がなかったのか?

それは、

「外国語の能力は母国語の能力をこえない。」

この考えのもと、まずは国語(日本語)の学習に重点を置き、論理的な読解力国文法、そして語彙力(漢字学習や意味調べ)に取り組んできたからです。

その結果、中学進級を控えた小6の生徒の皆さんが「中学進級準備講座」で英語の授業を受けたときに、漠然と書いたり発音したりすることなく、英文を文法的に理解をし、単語の品詞を意識して英語学習が出来ているようになり、1対1の英語学習(1つ覚えたので1つ出来るようになる)でなく、1つの英文からその文の文法(ルール)を使い、ほかの単語で文の書き換えもスムーズ出来ています。

国語(日本語)のための論理的な読解力作文力の学習日本語の国文法や語彙力の学習の効果を感じる「中学進級準備講座」となりました。

 

しかし、

「英語耳」

正直、英語の学習を考えるうえで、最終的に取り組むであろう「大学入学共通テスト」を知っておく必要があります。

今年度までのセンター試験では、

筆記200点+リスニング50点=合計250点

来年度からの共通テストでは、

リーディング100点+リスニング100点=合計200点

リスニングの点数が100点に。

得点の比率は、筆記:リスニングが4:1から1:1に。

 

リスニングの重要性が高まっています。

自分行きたい大学、学部に合格するためにはリスニングで点数を落とすわけにはいきません。

リスニングを英語の得点源にしないとだめです。

 

では、英語学習の入り口である小学生の時期に何を身に付ておく必要があるのか?

それが「英語耳」です。

ネイティブが話すりゅうちょうな英語を聞き取って理解するには「英語耳」が必要です。

耳で言語を聞き取る能力は幼児期に形成されると言われます。しかし、小学生からでも遅くありません

英単語をしっかり聞き取れる。短い英文をしっかり聞き取れる。

そして、それを正確に発音、音読出来るようになる。

まずはそんな「英語耳」をエストの英語授業でしっかり身に付いてもらおうと思います。

 

しかし年を重ね、中学へ進んだ時期には、耳慣れない発音のある英語に抵抗感がまします。

小学生の今、始めましょう!

 

 

どんどんチャレンジした子は、どんどんチャレンジできる。

じっくり取り組みたい子は、じっくり取り組む。

自分のペースで、頑張りましょう!

 

無料体験授業・学習懇談会受付中! 進学塾-est[エスト]☎079-265-0659

2月中にお申込みされた方には、早期お申込み特典「早割」があります。

特典① 入塾金(16,500円)を頂戴致しません。

特典② 2月の授業が無料体験となります。