小学部から通塾してくれた生徒が、志望校やトップ校へ合格出来たのには理由があります。

小学部の目標

中学で伸びる基礎学力と学習習慣を身に付ける

中学での学習、高校受験にはズバ抜けた学力やセンスは必要ありません。

小学校では普通の子だった子が、中学生になり志望校やトップ校へ合格出来たのは、基礎的な知識や考え方や解法を理解し、それを理解するための勉強の仕方や、繰り返し継続的に勉強することの大切さを知って行動することが出来るように小学生の間になれたからです。

基礎的なことから理解を深め、そのための勉強法をしっかり身に付けましょう!

 

読解力の学習思考力トレーニングを小学生の時期に徹底して行っています。

小学生の間に読解力や思考力を身に付けておくことは、単に国語や算数といった教科としての取り組みの中だけでなく、ほかの教科の授業で先生の説明を聞いたり、理解したり、それを整理して覚えたりするための力にもなります。普段の学習や生活を支える大きな力になり大きな差になります。

小学校の授業やテストでは、その成果がわかりにくいかもしれません。しかし、中学生になると定期考査や学校行事、部活と忙しく目前のテストにおわれ、読解力や思考力をじっくり時間をとって身に着ける余裕はありません。

中学で伸びるために、すべての教科の力となる読解力と思考力を小学生の時期にしっかりと身に付けましょう!

●少人数定員制の「発問応答形式授業」

進学塾エストでは、ベテラン講師が一人ひとりにしっかり目の行き届く少人数制授業で、一人ひとりのつまずきや理解度を把握しながら進めていきます。発問応答形式で進めていくので、それぞれが集中してよく聞き、よく考え、次々と思考を繰り返す状況の中、理解が深まっていきます。一方的な解説を聞くのではなく、発表や対話する機会も多いので、授業に参加している意識も高まり、しっかり記憶に残ります。

●すべての基礎「読解力」+考える力「思考力」+「英語耳」を育てる

エスト小学部では、「国語」、「算数」、「英語」に特化し、漢字・計算・発音・アルファベット・ローマ字といった基礎基本を大切にします。それと同時に思考力を鍛える問題にもしっかり取り組んでいき、中学の学習に役立つ学力を身につけていきます。

 

【国語】

外国語は母国語を超えない。…「論理エンジンキッズ」で読解力を鍛える。

漢字学習では、単に漢字を何度も書いて覚えることを、学校と重複して行うことは止めました。文脈に合った漢字の使い方を学び、丸暗記ではなく本当の漢字力・語彙力をつけていきます。

文章の読解では、学校の教科書に準拠したテキストでない「論理エンジンキッズ」という教材を使用しています。主語、述語、修飾・被修飾の関係に始まり、指示語や接続語を手掛かりに、小学生でも論理的に読解できるように指導していきます。また書いて表現する・伝える力を養います。一斉授業の中でも、生徒一人ひとりの個性や理解度も考慮しながら指導と演習を行います。

また、国文法の理解が、中学での英語学習の理解も深めます。

【算数】

目先の解法のテクニックやコツに頼らない。…ゆるぎない基礎を身に付ける。

算数の基礎となる計算は、過程を丁寧に書かせミスをしない確かな計算力を付けます。

そして、一行問題や単純な図形で繰り返し演習をおこない、基本的な考え方をしっかり定着させます。
さらに、長い文章題や複雑な図形では、解く前にしっかりと読む・しっかり見る姿勢を付けさせ、学習した考え方や解き方、公式を論理的に選び、組み立ててどのように解くかを発表させ、正解を導けるようにしっかり時間を使って取り組んでもらいます。

しっかり過程を書いて、答えを求めていくような問題の取り組みが出来れば、算数は得意になり点数も上がってきます。

考えることを楽しむ。…「算数ラボ」で思考力を鍛える。

思考力とは、問題の答えを導き出すための過程で、いろいろな解法や図形の見方、公式を選び組み合わせていく力です。

算数の授業では、単元ごとや問題ごとにその解法や、平面図形や空間図形の見方を一つ一つ学びます。

しかし、子供たちが苦手とする長い文章題や応用問題というものは、一つの解法で答えを導くことは出来ず、複数の解法を選び組み合わせ答えを導き出す必要があります。中学の実力テストや高校入試の問題では思考力が必要な問題も多く出題されるので、思考力がないと点数は伸びてきません。

エストでは、その思考力が試される3つの観点(①情報・条件を使いこなせる力②筋道をたてて考える力③物の形を認識・想像する力)から問題が作られている「算数ラボ」という教材で、バランスよく思考力を付けるトレーニングしています。

 

【英語】

「英語耳」…聞く、発音する。そして書くことも

大学受験の大学入学共通テストでは、ライティング100点にリスニング100点の合計200点になりました。

その結果、ライティングとリスニングの割合がセンター試験の4:1から1:1となり、リスニングの重要性が高まっています。

しかし、リスニングはやったからすぐ成果がでるものではありません。

そこでエストでは、ネイティブによる流暢な単語や文章の発音を聞き、発音してみる。それを繰り返し繰り返し行っていくことで、正しく聞き取れ、正しい発音ができる「英語耳」を身に付けます。そして、「英語は楽しいから好き」という前向きな英語学習への気持ちを育てたいと思っています。

また、アルファベットやローマ字を正しく速く書けるようにします。そして、学習した単語や文章を発音しながら正しく書けるようにします。

聞き取れない。発音できない。音読できない。だから英語が嫌い。そんな中学生にはさせません。

●弱点補強!「講習会」実践力養成!

講習会では、次の学期の予習も行いますが何より大切なのは復習です。

時間をおいて夏、冬、春の講習会を通して何度も復習すことで理解が深まり、定着していきます。

春期・夏期・冬期特別講座は年間カリキュラムの一環として全員受講していただきます。

●費用とスケジュール